オンラインゲームの数

オンラインゲームの数は今やおびただしいほどの数になっています。
初期のオンラインゲームは対戦型のシンプルなものでしたが、
最近のゲームはバーチャルリアリティを取り入れた、いわば本格的なゲームが殆どです。

ネットカフェなどではオンラインゲームを長時間楽しむ人が多くなっているようです。

オンラインゲームは無料?有料?

オンラインゲームを楽しむ人が増えていますね。オンラインゲームはPC対
PCで対戦ができます。オンラインゲームは無料版と有料版があります。
全てが無料ではありません。

無料で楽しむオンラインゲームも沢山ありますが、オンラインゲームの多くは、
キャラを育てていくとか、対戦で勝ち上がっていくタイプが多いです。

無料でスタートしたオンラインゲームも、キャラを育てていくのに課金されたりします。
多くのオンラインゲームがこのようになっています。

全て無料のオンラインゲームはプレイする側から見ると、面白みに欠けるカモ知れません。
無料か、有料かはゲームの中身を吟味して楽しみたいですね。

オンラインゲームの魅力

オンラインゲームは一人でプレイするのではなく自宅に居ながら色々な人とコミュニケーションを取りながら一緒に楽しめることですね。MMORPGオンラインコミュニティアバター)などなどです。

最近ではオンラインで知り合って実際に遊ぶ人も多いので、新しい出会いなど、従来のゲームにはなかった魅力もオンラインゲームの魅力的なところです。

オンラインゲームは無料ものが多いです。さらに、オンラインゲームの数の多さが人気の秘密でもあるでしょう。

次々とリリースされるオンラインゲームに目が離せません。

オンラインゲームには限界が?

オンラインゲームの限界があるのか考えてみましょう。
 
オンラインゲームは主に人と人とが通信して同じゲームを楽しむことができることに、その魅力があると考えられていますよね。手軽に相手を集める必要も無くいつでもログインすれば沢山の相手が見つかる点が最大の魅力であります。
 
でも、オンラインゲームを楽しむに当たり、問題はそう単純ではないこともあります。
 
オンラインゲームの特徴としての「手軽さ」がウリであります。ユーザーは今までに無い人間同士での関わりに大きな期待を寄せているところがみそですね。。その期待こそが、問題を複雑にしている可能性もあります。
 
1度ログオンすれば、どのゲームかに接続することになります。そこにはゲームがあり、人が作り出した仮想現実のもとにコミュニティーが沢山存在します。ログオンすることは、そのコミュニティー一体化することに他ならないのであります。1度ログオンすれば、そのコミュニティーの定める規定に従わなくてはなりません。。

 どのオンラインゲームでも、1回ログオンすれば2〜3時間は抜けることが出来ないのが一般的です。。それは、ゲームをすること=コミュニティーに属していることというパターンができているためでもあるからでしょう。。プレイする人は1度ゲームをプレイし始めると、2〜3時間はゲームを中断することができなくなるのであります。
 
ここで、オンラインゲームには、重大な欠点があることが理解できるのではないでしょうか。オフラインのゲームが限界があるように、オンラインのゲームも限界があるように思えます。
 
更に、オンラインゲームはそれ自体に終わりがありません。オンラインゲームはどこまで行っても解決がありません。この点が、際限なくプレイする大きな要因となっています。それと同時に、プレイすることがエンドレスに続くので、明確な目的が無いわけであります。オンラインゲームをプレイする上で重要になってくる達成感を味わうことはきわめて難しいのであります。

プレステ3はオンラインゲームの呑まれる?

PS3(プレステ3)の未来には暗雲がたちこめているのではないしょうか。
ゲーム業界は任天堂だけが勝ち、他の企業は不振にあえいでいる状況で、
その中でも特にPS3の状況が良くないように思えるんですよ。

ソニーが困難な状況を打開するための秘策が「高速なプロセッサとハイデフだけ」というのは
あまりにもこころもとないような気がしませんか。

ソニーは何といっても世界における日本の存在感を高めるための資産をとてもたくさん持っているはずです。

それを活かさないのはもったいないと思うのは私だけでしょうか。

プレステシリーズがゲーム業界における競争や、日本のソフトウェアエンジニアの水準を
押し上げていたのは間違いないところです。

ソニーのここで競争がなくなると、ほかの国にくらべて
日本のソフトウェア開発全体のレベルが低下するのではないかと心配ですが。

オンラインゲームの進化

オンラインゲームの市場が順調に伸びているらしいです

一年年率で2桁成長を続けていると思われます。その裾野をさらに大きくするゲーム会社の試みも最近目立つようになってきました。従来の男性中心のものから、女性や大人に向けてのオンラインゲームが多くなってきたことがあります。

据え置き型の家庭用の新世代ゲーム機が本格投入されるようになってゲーム業界もいよいよ、また新しい時代に突入するという前兆でしょう。

注目したいのは、オンラインゲーム自体が、今までの家庭用ゲームとまったく異なる機能を有しているということでしょうね。

それは、ガマニアや現ハンゲームでもビジネスモデル化された、課金という概念。ただ単にゲームで遊ぶというよりも、ゲーム内でのアイテム課金が可能であるということでしょう。

オンラインゲームは目に見えない相手と対戦するという楽しみがあります。
しかも、何人もの人と同時にプレーを共有することも出来るのです。

オンラインゲームがゲームソフト業界を席巻しそうな勢いですね。

オンラインゲームあれこれ

オンラインゲームはこれから銅発展していくのでしょうか

ゲーム専用端末市場はこれからといったところでしょうか。

とはいえ市場規模としてはなかなかの大きさです。

ネットへの入り口とも期待できそうな感じですし、
広告媒体としてのビジネスモデルも今後考えられそうですね。


さて、そのほか気になったところは「オンラインゲームの魅力」です。

オンラインゲームというと知らない人同士がコンピューターを通して
コミュニケーションを築けるということが、面白いところなのかなとも思っておりますが、
どうやら現状はそうではないようです。


いつでも遊べるという利便性を魅力に感じている人が多いようで、
コミュニケーションに魅力を感じているひとはそんなにいないようですね。


PCでも利便性に魅力を感じている人が55%、
コミュニケーションに魅力を感じているひとは8%と差は大きくなっているようです。


コミュニケーションこそオンラインゲームの醍醐味では菜イカと考えていますが、
現状を打破してくれるゲーム会社の取組みに期待することとします。


SNS型とかローカルコミュニティ的なゲームに移っていくのでしょうか。
オンラインゲームは進化しているんですね。

オンラインゲームの種類 オンラインゲームの不思議

オンラインゲームがブームと聞く。
ゲームといえば、これまではプログラムで作成されたキャラクター達と会話することが
一般的であった。
 
PCゲームの始まりとしては、ひとりで遊べるシューティングゲームだったと記憶している。
そして、任天堂のファミリーコンピューターが火付け役となった。
 
当時、スーパーマリオと言えば、大人から子供まで知らない人はいなかった。
ゲームのおもしろさも群を抜いていた。
 
パソコンの進化同様、ゲーム機自体の進化もすさまじいものがあった。
ゲームによりリアルに動きが出てくる。複数で楽しめるようになる。
 
ファミリーコンピューターを追撃するようにプレイステーションが出現する。
更には、マイクロソフトのXboxとゲーム機で楽しめるゲームの全盛期となる。
 
ゲーム機のメーカー別としては、任天堂のファミコン、ニンテンドーDS、Wii、
ソニーエンターテイントのプレイステーション、プレイステーション2,
プレイステーション3、
マイクロソフトのXbox、Xbox360と進化していく。
 
これらゲーム機で動作するゲームも数多く発売され、
ゴラゴンクエスト、ファイナルファンタジー等、幾多の名作も生まれた。
 
これに加えて、最近はPCを介したオンラインゲームに人気がある。
ゲームの中に入ったまま、出てこないような人までいるというオンラインゲームの魅力。
 
オンラインゲームはPCの中で、人間が実際に動かしているキャラクターと接触をもつことが
出来る。ということは、PCを介して人と人の交流があると言うことである。
 
ここがゲーム機で遊ぶゲームとは違う。
 
オンラインゲームではキャラクターを自分に見立て、現実では実現できないようなことでも
達成、手に入れることが出来る。そしてオンラインゲームで日頃自分が考えていることを

思う存分演出できる。
 
そして、オンラインゲームが従来のゲームと決定的に違うところは目的が際限なくあるということである。
常に新しいシナリオが加えられ、オンラインゲームに無限の世界が広がり、また新しい仲間に出会え、増えて行く。
 
オンラインゲームに熱中してしまうのも頷ける。
 
殆どのオンラインゲームが無料で楽しめるというのがいい。
なぜオンラインゲームが無料でも出来るのか?検証してみたい。
 

ネットを制するグーグル

Googleとオンライン広告企業DoubleClickは米国時間4月13日、GoogleがDoubleClickを現金31億ド
 
ルで買収することに合意したと発表した。
 
買収によりGoogleは、広告主やウェブパブリッシャー向けの大規模な広告販売/配信ネットワークを手に
 
入れ、Yahooに遅れをとっていたバナー広告ビジネスを強化することが可能になる。 CNET Japan
 
 
それにしてもグーグルの勢いはどうしたものか?
ネット広告の席巻とも言える。
 
ヤフー等の今後の巻き返しが注目される。

オンラインゲームに登場!ヤッターマンとなれば・・・

ヤッターマンの実写化。
 
アニメからのイメージからするとどうなるのか検討が付かない。
昔の孫悟空がそうだった。
 
実写だと何かぴんとこない。
アニメだと色々な表現が出来る。
 
実写の場合、配役が問題。
大泉洋が適役とのいけんもあるが・・・
 
見かけからするといいかも知れない。
 
それより、ヤッターマンをオンラインゲームに登場させて欲しい。
この方が、売れるんじゃないかな?
 
ヤッターマンのオンラインゲーム化、切に希望。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。